スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ : 

大英帝国衰亡史 中西輝政

先月から本のまとめをしてませんでしたね。
歴史系の本を読み始めたら時間が掛かってしまったり、積み書の小説系を片付け、語学学習系の本を手に取るも基礎力不足らしくスラスラとは行かず・・・、読書ペースが乱れてましたww

年間のまとめ関係でデータ加工や計算ものが多かった事、家の手入れもあったかな。


評価:☆☆☆★(3.9)




■はじめに■
大英帝国の衰退の原因は、著者に言わせると「貴族階級の精神的衰え」らしい(爆)。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工 <結局精神論かよ~。
「この本、手に取って失敗だったかな?」と思いましたが、読み進めると、巻末の”解題”で別の方が書かれているように、確かに著者は相当な量の文献に当たっている。なるほど(・∀・;)とは思いました。

ただ、中盤が結構読むのに時間が掛かりました。前半の発展過程と、後半の大戦から現代に至る部分は加速が掛かりました(笑。

全部で379ページ、まずまずの分量です。

本書を手に取った理由は、タイトルが自分の興味に合っていた事。
交易で長期間栄えた海洋国家(ベネチア、イギリス)については、加工貿易で頑張ってる島国の者としては学ぶところも多いだろうと、歴史面・経済面の興味が合致したので読んでみました。


■メモ■
(経済の本じゃないので、管理人が気になった部分のみ抜粋)

・アメリカ独立戦争(1775~)で負けた後に、ナポレオン戦争(1793~)に勝利し、最盛期へ。

・敗戦より、国論が割れ、力が分散する状態の方が危険。

チャーチル・・・巧みな弁舌と外交判断(アメリカの参戦等)で第二次大戦を勝利に導いた優れた指導者の印象が強かったのですが・・・、国力(国庫)をすべて費い消してまで"勝ち"を得るより、適当なところでドイツと講和し、財政の建て直しを図っていれば大英帝国を延命できたのでは・・・という指摘は興味深い。

・勢力均衡戦略(バランス・オブ・パワー)
「低地」の独立。欧州大陸の低地諸国(オランダ・ベルギー等)が軍事大国に支配されると英本国への侵入が容易になるため、これを予防する。

エリザベス外交
(1570年前後)・・・それらしい"噂"を流して金融市場でのスペインの戦費調達を妨害。
(・∀・;)<やっぱり金融市場の活用は中世から伝統か?

フランシス・ウォルシンガム - Wikipedia
MI6の設立ですぞー!
外交情報の2重3重チェックによる伝達ミスの防止が狙いだそうです。

・オックスフォード大学(11世紀開校)

・1775年、「アメリカ独立戦争」
欧州列強の包囲、親アメリカ派による国内世論の分裂。

・1861年、アメリカ南北戦争。
国内世論の分裂と、北部の物量と動員力の前にイギリスは介入できずに終わる。
→次の「超大国」へ。

・1899年、マッキンダーのシティ(イギリス金融街)での演説(意訳です)
「イギリス産業(製造業)の脱落は、経済センターの分極化で避けられないかもしれない。
しかし、それを統制する「頭脳」としての金融・情報センターこそ世界制覇のための戦略拠点であり、製造業ではなく、むしろ金融と情報を押さえる者が結局は国際競争の勝者となるのである。」
今日に続く流れでしょうか?

・1960年代、欧州回帰。
「脱欧入亜」の「大英帝国」が終わり、「脱亜入欧」、欧州の一員としてのイギリス、ECに加盟(のちのEUへ)。


■20世紀型の戦争
ホレイショ・キッチナー、"マシーン戦争"、総動員体制。
徴兵制の導入、組織化、集中配備、系統的な補給体系、圧倒的な火力・・・世界大戦型の新タイプの軍人。

「ソンムの戦い」
志願兵のエリート層を大量に失う。1914年時の50歳以下のイギリス貴族男子の20%が戦死。
オックスフォード、ケンブリッジの3人に一人が死亡し、ゴースト・タウン化した。

「バトル・オブ・ブリテン」の代償。
30年間の平均GDPの25%を戦費に費やす。

・1939年から1945年までの5年間で、11.2億ポンドの海外資産を売却され、債務は4.7億ポンドから33.6億ポンドに増加した。
(中東の石油利権がアメリカへ売却される)。

・英の第一次大戦の戦死者、90万人。第二次大戦の戦死者39万7000人。
(同時期のドイツは、180万人、350万人)


■アメリカの老獪さ
欧州各国が国力を費消した後の、末期の大戦に参戦。

「レンド・リース法」
戦後、イギリスの輸出の障害に・・・輸出が3分の一に激減。

「英米金融協定」
米は酷い条約を次々に結ばせてます(ポンド圏の解体)。


■おまけ■
以下、毎度の事ですが脱線しますw、気になる方は読んでください。
タグ :  イギリス 大英帝国 新聞 歴史 経済 アイルランド チャーチル
■新聞の普及~
1843年、「(ロンドン)エコノミスト紙~」
この時代には現在流通している経済紙の源流的なものがすでに存在したのかΣ(゚Д゚;

1788年、「ザ・タイムズ」
1887年、「ニューヨーク・ヘラルド」

「読売新聞」は1874年創刊だそうです。
「日本経済新聞」は名前がコロコロ変わっていますけど、元は古いのかな?

まあ、どれくらい昔から現代に近い生活スタイルが根付いていたのか、みたいな参考にはなりますよね(^^;
日本でも明治期に相場師は存在しましたし、江戸期に米の商いで名前を売った人もいましたね。

1906年「サンフランシスコ地震」の時には、リバモアが関連する鉄道株の空売りで儲けたと赤本で読みました(^^;
当時の市場は強気相場で、材料を無視しようとするのですが、リバモアは「壊れた線路や設備がすぐに元に戻るか!(意訳)」と売りを引っ張って成功するエピソードです。

情報伝達の手段は違えど、この頃のアメリカではもうやってることは今とほとんど同じですね。

最近は欧州の中世以降?の金融業の発達が気になりますね。日本は遅れて参加した口ですから、その種の伝統とか、大衆層の理解等でまだまだ遅れているんでしょうね。


アイルランド問題
過酷な統治が怨嗟を生み尾を引くと。
一度隣国の併合に失敗すると延々祟られるのは世界共通みたいです(マテ。

ジャガイモ飢饉 - Wikipedia
天下の大英帝国の時代を経ても、すぐ横の決して大きくない国も完全には併合できなかったという事実は、植民地支配的搾取の歴史的なマイナスイメージの巨大さを感じますね~(主観ですが)。

この後、アイルランド系移民がアメリカの対イギリス政策に与えた影響も気になりますね~。


■おわりに■
最後に一番重要な話を・・・実はこの本、買わなくてもネット読めるみたい!!!ほら↓
大英帝国衰亡史 - Google ブックス
(・∀・;)<べっ、別に、まとめる必要なかったかな?

最後まで読んでくれてありがとう!♪ヽ( ・∀・)ノシ
(読むのに時間掛かったと思うけど、まとめる方もWikipediaの読みすぎで数日掛かったんだぜ~~ ~~┗─y('~`)dグッ

以上です。
関連記事

テーマ : 歴史全般
ジャンル : 本・雑誌

相互リンクのお願いです

ブログを立ち上げたばかりで、相互リンクをしてほしく、コメントしました。迷惑だったら、申し訳ないです。
http://seo.link-z.net/yumeni2009/link/register
ここから、自動で登録できる形になっているのですが、もしよろしければ相互リンクしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。

fNi

fNiさまへ、

申し訳ないのですが、現在相互リンクは募集しておりません<(_ _)>

その、ある程度の情報交換を前提にしているので、
増やし過ぎると対応できなくなるので、新規リンクは停止しています。

本当にごめんなさい<(_ _)>

管理人さん歴史すきねぇー
高校の世界史の先生が、鬼のように詳細な歴史のプリン
ト魔で凄かったんですが、全く覚えてませんw
(ワシらの頃は、理科も社会も全教科やってましたから
大変w今は、やんないらしいけど

http://stockkabusiki.blog90.fc2.com/blog-entry-1033.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+http%2Fstockkabusikiblog90fc2com+(%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E5%8D%81%E5%85%AB%E7%95%AA%EF%BC%81%E3%80%80)

>要約すると、従来は知識習得を優先する教育を行ってきたが、重要なのは論理的思考力を育成することである。論理的思考力は論文、ディベート、実験などの時間を増やすことで養い、また、ネットが普及した現代社会にあっては、知識の習得方法も変えるべきで、どのように検索をして情報源にあたるのかという実践的な教育をすべしという論旨です。

勝間は、一度学校に逝って現場見て来い
基本的な知識さえないんだよ、今の学生は・・・
詰め込むものは、詰め込まないと使い物になりません
ゆとりの悲惨さ知識の貧困さ・・・大学の先生
にきいてみればわかる。

>しったかぐっちー
http://blog.livedoor.jp/sobata2005/archives/51436803.html

小幡先生が、正しいのだよ・・・勝負なんだから

会社君大好きさんへ、

こんばんは(゚Д゚)ノシ

>管理人さん歴史すきねぇー
(=゚Д゚=)ドッキン・・・。違うよお兄さん、コレラの季節に進軍したからエルサレムを制圧できなかったとか、

>ワシントンがその軍隊の兵士に天然痘の予防接種を受けさせたことは、その最も重大な決断の一つだったと示唆している
とか、歴史には指揮官に必要な叡智詰まってるんだよ(゚∇^*)dグッ

秀作です↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0


>教育
http://freedom-7.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-4f74.html
でも、こういう事教師に言うとモンスターペアレント扱いされるんですよねー。

まあでも、身の回りの片づけできないと作業効率が落ちるので、小学生にさせるのはいいんじゃないかい?

お兄さん向きの話題ww↓
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/51655722.html
この閉めは進学塾の先生を怒らせる恐れアリです(<●>_<●>)


>小幡先生
小幡坊乙!私は巡回してないのでお兄さんが回って良い投稿の時だけ教えてね(゚∇^*)dグッ (マテ。
勝負向きの性格とかあるからね(大舞台なほど活躍できる人とか(アドレナリン効果?))

見なかったからわからんけど、前の競技者が素晴らしい結果を出した場合、自分の勝ちの目を出すために賭けにでる判断が必要という話?
この人は無難に2,3位狙いをしたと(で、結果4位)、それで敢闘と言えるのかと、そういう話ですかね?

人生のうち、何年も投じてるんですから”みんなの為にメダル獲る”より好きにすれば良かったのにね。
私はまったく見ない主義(競技者のためのものは競技者に)という立場なので、TV見てる人はあんまり期待押し付けるな~とは思う(それでも勝つ人は勝つけどね)。


<おまけ>
http://matome.naver.jp/odai/2126577419021071201/2126595404827192402
お兄さんはこんな部屋かな?

以上です。
コメントありがとう(o^^o)

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カテゴリ
節約・ポイント技
自分の投資環境

・2010年版 自分の投資環境まとめ
アフィリエイト関連
投資本要約、読み物系
投資本要約、実践系
ブログ内検索

カスタム検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

日経225予想
ブックマーク
最近のコメント
電力使用状況(東電)2
東日本大震災・尖閣 寄付
逆アクセスランキング
長期トレンド探索中
各国政策金利
FXの比較なら選べるFX
相互リンク応援サイト

・「ストップ高」直撃ブログ
・株式用語のブログ
・らうの投資メモ
忘れてはいけないこと
↓竹島は普通に日本の領土です。
・竹島 (島根県) - Wikipedia

青山繁晴先生素敵+゚*。:゚+(n‘∀‘)η+゚:。*+ 
その他の動画はこちら

・ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ

・国民が知らない反日の実態 - 売国議員リスト

・テレビや新聞で詳しく報道されない「毎日新聞英文サイト変態記事事件」、一体何が問題なのか? - GIGAZINE
・毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki - トップページ
・毎日新聞!社内調査の末の検証記事も全てウソだった事が発覚 【2ch】ネタちゃんねる m9( ゚д゚)っ
・毎日新聞問題の情報集積wiki - 何をすればいいの?
自分も一人のブロガーとして草の根的に活動したいと思います。

個別銘柄・セクター

・儲からない書店業界が気になるぜ。
・ブックオフ Vs CCC!?
・コンビニ周りに動きあり?
・気がつけばパチンコ王国
・衣料品最強伝説!
PC・フリーソフト関連
投資技 厳選

・格付けについて
・個別銘柄は安値圏でも過熱している場合があるようです。
信用取引あれこれ厳選

・信用取引について
・故人からのお知らせ、追証かかりました(死。
・信用取引で適切なポジションとは?
敗北の歴史、反省

・BBネットでデッド
・アホナンピンで大失敗
・12月の成績 振り出しに戻る。
・6月15日、人生最悪の日、価格コム10%―10%
・自分自身を知ろう。
当ブログの知恵袋

・会社君大好きさん
理系九州男児。自転車、登山、ミリタリー系ニュースが好物。まれにFPSも!?
アングラ系、軍事系、アメリカ系ニュースと、情報収集の達人。
その圧倒的な情報量で育てていただきました(-人-)ありがたや
当ブログのリンクの大半は彼の功績でしょう。
 
最近ではFXやシストレにも関心が向かっているようで多彩。シキボウ・ダイワボウ・重工系には特別な愛着があるような?
英語の学習も継続されているようで、見習いたい!
 
・Jinさん
(mixiでのハンドルは優陣)
ゴッド、上級トレーダー。犬飼ってることと、PC自作スキルがあるらしい。
その節は私が短慮を起してしまい本当にご免なさい(-人-)
 
勝手に任命しました(o^^o)dグッ
読者の皆さんもわからないことなどあれば、コメント欄で上記の賢者の方々に質問してしまいましょう(マテ
プロフィール

トレンド

Author:トレンド

良心的なサイト管理人を目指します。
 
投資歴数年の株式投資家、収支公開は未定。
・いただいたコメントには相手サイトか当サイトのコメント欄にて返信させていただきます。
・現在相互リンクは募集しておりません(フォローできる能力の限りがあるため抑制しています)。
・削除要請には迅速に対応します。
・古い記事は時々消しますので、いただいたコメントを消してしまう事があります。
 
基本的にリンクフリーです。個々の記事に直接リンクを貼っても構いませんし、無断で部分引用も構いません、が記事の内容に責任は持てません、さすがに全部コピーして私が書きましたとやるのは禁止ww
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。