スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ : 

BBネットでデッド

去年の12月、フォーサイドの大幅下方修正みながら同じような値段にあった、BBネットを見て”こっちを買っていれば・・・・・・”という人大勢いたんだろう、などと思っていましたが、何てことはない、どちらを選んでも終わってたんですね(笑。

ライブドア関連、オープンインター、とか10万以下には地雷が沢山、四季報当てになんないから気をつけて(°▽°=)ノ彡



さて本題、BBネット暴落前のチャートを見てもらえば分かるとおり、微妙に出来高増えている過程で買いに入って屠られたトレーダー結構いるのでは?

”決算まで1週間切って、特に問題なく、四季報も問題なし(微妙に文面弱気か)で大量購入(一点買いではないものの5割以上(ホントはもっと)ぶち込んでましたからゲームオーバーです)”

結果が暴落2日目で100倍の売り残、値幅が拡大した4日目寄り付くという状況でした、

被害額:マイナス160万円強

(実際には比例配分狙いの売れればラッキーという売りや価格を圧縮するための見せ売りがかなり入っていたのでしょう、大株主が売り玉出して自己資産を圧縮する訳ないですから、逆に言えば実際の売り物は見えてない部分にどのくらいあるか分からないくらいあったりもするのでしょうけど。)



月曜の大幅下方修正のIRを見て、春分の日に”リバモア”の本を求めて神田の書店街を彷徨いましたね(笑。
自分もリバモアやD/A氏のように何度失敗しても復活したい、いや、しようという思いからです。

自分「世紀の相場師ジェシー・リバモアありませんか?」
店員「しばらくお待ちくだいさい、・・・・・・当店では扱っておりません」

もう、本棚に手を突っ込んで”ワァァァ~”とか言いながら中身をぶちまけたかった、ジェームス・ディーンみたいに。 ←八つ当たりで、罰当たりです、ハイ。

仕方なく”欲望と幻想の市場 伝説の投機王リバモア”を買って帰りました、ホントは中古で両方探そうと思っていたんですが体力的に無理だと諦めました、本が雑然と積み重なっている感じなんですよ中古店は。
(↑凄い失礼か?書店街の人ごめんなさい<(_ _)>でも探し難いことは確か。本の内容は素晴らしいものでした、後日詳しく紹介すると思います。)

注:リバモアというのは米国で1900~1940年までに活躍した伝説的投機家で4度の破産と大成功を修め、最後は失敗してピストル自殺した人物です、彼に関する書物は1925年に出版されて以来、読み継がれてきたものですから、読む価値はあります。




それで教訓、
1、フォーサイドとかBBネットとかの暴落前のプレゼンテーション資料を見ればもっともらしく出来てます。”他者は今後の展開(競争)についていけない、でも当社はキチンと対応しています”とか”システム売上をこの程度見込んでます”とかこの時点で楽観的な見込みというか達成の当てがあるのかな?と思ったことが一つ。

投資を続ければプレゼンテーション資料を鵜呑みにしてコロリと騙される時がいつか来ます。決算書に改ざんがなければ直前の決算の影響を引き継いで好決算、あるいは弱含みします、業績の転換点は特に注意が必要で実際に上向くまで買うべきではないでしょう。

2、ピーター・リンチは投資先の店舗に買い物に出かけたり、商品やサービスを利用して有効性を確かめていた。良く分からない企業には投資をしないと確か言ってました(バフェットもか?)

ちゃんと守らないと自分みたいになりますよ、”企業のIRより自分の感性を信じろ”ということ?

3、あとBBに関してはライブドアショック後の暴落の酷さ?情報はなくてもインサイダー筋の反応とかで株価に織り込まれた?やはり怪しいところには近づかないことですか?

4、そもそもリスク管理が弱いな・・・・・・と、いつか地雷を踏んでもそれまでに資産を数倍にするくらい利益を優先させる方を選択していたもので・・・・・・、もちろん最低限の暴落は想定していたので追証とかはないです。こういった状況で担保価値ゼロを宣告したマネックスは死の商人ですね(((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

5、振り出しに戻される無力感と資金が拘束されているストレスから平常心を失い、判断ミス・ご発注を連発してこの状況でさらに資産を溶かすようになりました、しばらく相場を離れるべきか?

なんていうかポジションがないと置いてかれることを恐れ、持つと値下がりを恐れる有様で、日経弱い日は含み損も仕方ないのですが、=投資法の問題のように感じられてかなりまずいですね。
いっそ一気に下がって翌日から資金を解放してくれた方が、ジワジワ下げ続けるより助かると思うのですが、それだとパニック安になる恐れがあるのでしょうか?


投資家の何年に及ぶ努力も1社の不誠実な企業のせいで台無しになるようです。
(ライブドアのことも含めて事前に告知するなり、方法はいくらでもあっただろうという意味、最後は自己責任です。)

現状日本では投資家保護は名ばかりで監査法人は金を貰っている企業よりで訴訟リスクが発生すれば慌てて仕事する有様、情報・資金に勝る機関投資家は個人を嵌め込み上下に操縦?なんだか勝てる気がしなくなってきますね、諦めませんけど。

過去最高の失敗として記録して置きます。

関連記事
タグ : 

テーマ : 負けてます
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カテゴリ
節約・ポイント技
自分の投資環境

・2010年版 自分の投資環境まとめ
アフィリエイト関連
投資本要約、読み物系
投資本要約、実践系
ブログ内検索

カスタム検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Translation(自動翻訳)
日経225予想
ブックマーク
最近のコメント
電力使用状況(東電)2
東日本大震災・尖閣 寄付
逆アクセスランキング
長期トレンド探索中
各国政策金利
FXの比較なら選べるFX
相互リンク応援サイト

・「ストップ高」直撃ブログ
・株式用語のブログ
・らうの投資メモ
忘れてはいけないこと
↓竹島は普通に日本の領土です。
・竹島 (島根県) - Wikipedia

青山繁晴先生素敵+゚*。:゚+(n‘∀‘)η+゚:。*+ 
その他の動画はこちら

・ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ

・国民が知らない反日の実態 - 売国議員リスト

・テレビや新聞で詳しく報道されない「毎日新聞英文サイト変態記事事件」、一体何が問題なのか? - GIGAZINE
・毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki - トップページ
・毎日新聞!社内調査の末の検証記事も全てウソだった事が発覚 【2ch】ネタちゃんねる m9( ゚д゚)っ
・毎日新聞問題の情報集積wiki - 何をすればいいの?
自分も一人のブロガーとして草の根的に活動したいと思います。

個別銘柄・セクター

・儲からない書店業界が気になるぜ。
・ブックオフ Vs CCC!?
・コンビニ周りに動きあり?
・気がつけばパチンコ王国
・衣料品最強伝説!
PC・フリーソフト関連
投資技 厳選

・格付けについて
・個別銘柄は安値圏でも過熱している場合があるようです。
信用取引あれこれ厳選

・信用取引について
・故人からのお知らせ、追証かかりました(死。
・信用取引で適切なポジションとは?
敗北の歴史、反省

・BBネットでデッド
・アホナンピンで大失敗
・12月の成績 振り出しに戻る。
・6月15日、人生最悪の日、価格コム10%―10%
・自分自身を知ろう。
当ブログの知恵袋

・会社君大好きさん
理系九州男児。自転車、登山、ミリタリー系ニュースが好物。まれにFPSも!?
アングラ系、軍事系、アメリカ系ニュースと、情報収集の達人。
その圧倒的な情報量で育てていただきました(-人-)ありがたや
当ブログのリンクの大半は彼の功績でしょう。
 
最近ではFXやシストレにも関心が向かっているようで多彩。シキボウ・ダイワボウ・重工系には特別な愛着があるような?
英語の学習も継続されているようで、見習いたい!
 
・Jinさん
(mixiでのハンドルは優陣)
ゴッド、上級トレーダー。犬飼ってることと、PC自作スキルがあるらしい。
その節は私が短慮を起してしまい本当にご免なさい(-人-)
 
勝手に任命しました(o^^o)dグッ
読者の皆さんもわからないことなどあれば、コメント欄で上記の賢者の方々に質問してしまいましょう(マテ
プロフィール

トレンド

Author:トレンド

良心的なサイト管理人を目指します。
 
投資歴数年の株式投資家、収支公開は未定。
・いただいたコメントには相手サイトか当サイトのコメント欄にて返信させていただきます。
・現在相互リンクは募集しておりません(フォローできる能力の限りがあるため抑制しています)。
・削除要請には迅速に対応します。
・古い記事は時々消しますので、いただいたコメントを消してしまう事があります。
 
基本的にリンクフリーです。個々の記事に直接リンクを貼っても構いませんし、無断で部分引用も構いません、が記事の内容に責任は持てません、さすがに全部コピーして私が書きましたとやるのは禁止ww
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。