私のウォルマート商法―すべて小さく考えよ

評価:☆☆☆☆★(4.6)



「道に落ちている1セントをサム・ウォルトンなら拾うだろう」 ―――バド・ウォルトン(弟)

ウォルマートの創業者サム・ウォルトンによって書かれた一冊。
400ページ強あり、1日ではとても読み終わらないボリュームがあります。
「エブリデイ・ロープライス」の方が著名と思われたが、後に書かれた本書を読んだ方がいいだろうと判断しました。面白さの点では心配無用。


■本の構成■
文の始めや途中に従業員(あるいはライバル社社長)のコメントが挟まれていて、それに対してサム・ウォルトンが話し始める形が嵌っていて見事!特に従業員側の言い分とサム・ウォルトンの説明が食い違っている箇所で笑わされます(^^;

随所に掲載されている写真も量が多く、大事な場所や時期が抑えられていて本書の完成度を更に高めています(死の直前まで推敲していた本だけあり全体の完成度にもこだわったんだろうなと)。


■まとめ■
・・・ようとしたのですが抜粋量が膨大で困った(/∇\)

ウォルマート - Wikipedia
にある通りです(マテ。
簡単に補足しつつ、詳しい説明はWikipediaを参照してください<(_ _)>

・創業1962年、40年後の現在売上世界一位、約28兆円(2002年時)店舗数4414店。

・社名「WALMART」の由来
文字数が少ない方が看板の取り付け・修理代が安く済むという理由からボブ・ボーグルが命名。ウォルトン+MART(買い物場所)という意味。

・EDLP(everyday low price)

・HBA商品
(ヘルス&ビューティ商品)歯磨き剤、マウスウォッシュ、頭痛薬、石鹸、シャンプーなどのHBA商品を原価ギリギリの安値で販売し、来店を促す。

・借金返済のため株式上場
サム・ウォルトン個人の信用による借り入れの限界、資金調達難による出店見送り等の悪影響から開放を期して株式公開を選択。
以降、サム・ウォルトン個人に代わり、ウォルマート社が資金調達し、拡大ペースを加速。

・出店戦略(初期の)
人口5000人以下の他社が出店したがらないような小さな町の真空マーケットに進出(実は奥さんの意向だったり・・・)。

・利益分配制度、従業員に利益分配。初期には他店の雇われ店長の引き抜きに効果を発揮。


■サム・ウォルトンの人物像■
「ウォルトンさんの人柄が、人を惹きつけるのだと思います。1ブロックも先から、誰かれかまわず、大声で声をかけるんですから。・・・」 ―――店員

・ケチ。大恐慌の時代に少年期を過ごす。

・ストア・コンパリゾン(競合店の視察+質問攻め)
床に四つん這いになってまで他店を調べる。

・数字に強い。
「データをチェックし、定期的に店を見ていれば、数字を見た時にその店のことを思い出せるものだ。店長の名前や今週の売上高、人件費等々。・・・」

・旅行には小型のテープレコーダーを携帯、改善案を記録。黄色のノート(会計処理用)も携帯。


■イベント、逸話が面白い■
・子供時代のアリス・ウォルトン(長女)、パパの借金を心配。
・P&Gの営業マン?と粘る購買担当(バイヤー)、
・挨拶係。
・初期の広告作成法


■先見性■
出店戦略、セルフサービスの導入、物流センター、コンピュータ導入、通信衛星。


■競争■
1976年、当時店舗数1000店のKマートが当時150店舗のウォルマートの領域に進出・・・
各種指標の比較も面白い・・・でも省略。

「競争相手より経費を抑えなさい」
これが競争力の源である。わが社は業界で売上高比経費率がもっとも低かった。たとえ多くのミスを犯しても、効率のよい運営をしている限り、回復できる。


■株式パフォーマンス■
ウォルマート株価
1971年からの19年間で100株が51200株に分割。1650ドルが300万ドルに。


■感想■
一言でまとめると「凄いぜ、サム・ウォルトン!」
徹底している。
学生時代の勝ち組人生が眩し過ぎる。こんな人生が生きられた幸せだろうなと。表紙の写真も渋くてカッコ(・∀・)イイね。これだけで評価を引き上げた(マテ。

ウォルマート創業以前の話や、経営陣の話題はスペースの関係上省略。
デビット・グラスがポツポツいい事を話してる印象。
タグ :  ウォルマート サム・ウォルトン
データチェックはセブンの鈴木会長も定評がありますw、ドミナント戦略も同様ですねw
人口5000人でも十分成り立つウォルマートと、最近の国内勢の郊外型ショッピングモールの苦戦が対照的で混乱(^^; どっちなんだ!?

在庫がだぶついていたのか?この本が中古で150円(しかも状態がいい)で買えてしまったことにも驚き!ラッキーでしたヽ(^Д^*)/~♪
安く手に入りそうなら挑戦してみてください。

以上です( ^‐^)_且~~
関連記事

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カテゴリ
節約・ポイント技
自分の投資環境

・2010年版 自分の投資環境まとめ
アフィリエイト関連
投資本要約、読み物系
投資本要約、実践系
ブログ内検索

カスタム検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

日経225予想
ブックマーク
最近のコメント
電力使用状況(東電)2
東日本大震災・尖閣 寄付
逆アクセスランキング
長期トレンド探索中
各国政策金利
FXの比較なら選べるFX
相互リンク応援サイト

・「ストップ高」直撃ブログ
・株式用語のブログ
・らうの投資メモ
忘れてはいけないこと
↓竹島は普通に日本の領土です。
・竹島 (島根県) - Wikipedia

青山繁晴先生素敵+゚*。:゚+(n‘∀‘)η+゚:。*+ 
その他の動画はこちら

・ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ

・国民が知らない反日の実態 - 売国議員リスト

・テレビや新聞で詳しく報道されない「毎日新聞英文サイト変態記事事件」、一体何が問題なのか? - GIGAZINE
・毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki - トップページ
・毎日新聞!社内調査の末の検証記事も全てウソだった事が発覚 【2ch】ネタちゃんねる m9( ゚д゚)っ
・毎日新聞問題の情報集積wiki - 何をすればいいの?
自分も一人のブロガーとして草の根的に活動したいと思います。

個別銘柄・セクター

・儲からない書店業界が気になるぜ。
・ブックオフ Vs CCC!?
・コンビニ周りに動きあり?
・気がつけばパチンコ王国
・衣料品最強伝説!
PC・フリーソフト関連
投資技 厳選

・格付けについて
・個別銘柄は安値圏でも過熱している場合があるようです。
信用取引あれこれ厳選

・信用取引について
・故人からのお知らせ、追証かかりました(死。
・信用取引で適切なポジションとは?
敗北の歴史、反省

・BBネットでデッド
・アホナンピンで大失敗
・12月の成績 振り出しに戻る。
・6月15日、人生最悪の日、価格コム10%―10%
・自分自身を知ろう。
当ブログの知恵袋

・会社君大好きさん
理系九州男児。自転車、登山、ミリタリー系ニュースが好物。まれにFPSも!?
アングラ系、軍事系、アメリカ系ニュースと、情報収集の達人。
その圧倒的な情報量で育てていただきました(-人-)ありがたや
当ブログのリンクの大半は彼の功績でしょう。
 
最近ではFXやシストレにも関心が向かっているようで多彩。シキボウ・ダイワボウ・重工系には特別な愛着があるような?
英語の学習も継続されているようで、見習いたい!
 
・Jinさん
(mixiでのハンドルは優陣)
ゴッド、上級トレーダー。犬飼ってることと、PC自作スキルがあるらしい。
その節は私が短慮を起してしまい本当にご免なさい(-人-)
 
勝手に任命しました(o^^o)dグッ
読者の皆さんもわからないことなどあれば、コメント欄で上記の賢者の方々に質問してしまいましょう(マテ
プロフィール

トレンド

Author:トレンド

良心的なサイト管理人を目指します。
 
投資歴数年の株式投資家、収支公開は未定。
・いただいたコメントには相手サイトか当サイトのコメント欄にて返信させていただきます。
・現在相互リンクは募集しておりません(フォローできる能力の限りがあるため抑制しています)。
・削除要請には迅速に対応します。
・古い記事は時々消しますので、いただいたコメントを消してしまう事があります。
 
基本的にリンクフリーです。個々の記事に直接リンクを貼っても構いませんし、無断で部分引用も構いません、が記事の内容に責任は持てません、さすがに全部コピーして私が書きましたとやるのは禁止ww