スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ : 

フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために

評価:☆☆☆☆(4.0、監修・訳の件で0.3マイナス)



バフェットに影響を与えた「成長株投資」の大家の書。
訳・監修の評価が酷くてどれほど酷いのか楽しみでもあったのですが、原文と付き合わせて読んだ訳ではないので、訳の良し悪しに関して判断するつもりはありません
(何箇所か単位違うような?(ドルとセントが間違ってたり・・・)たとえば”利益”と”利益率”を混同しているような???な記述はありました)

営業利益率の上昇は →成長加速、成長速度そのものの上昇、利幅・効率の伸び。
営業利益の伸び →成長、金額の伸び。

な訳で分けて考える必要があると個人的に考えます(ハイテク株投資によっては四半期ごとの成長加速を重視する立場もあるので違いに注意)。

酷かった、というより酷い評価に繋がったのは構成の不味さ。 
訳・監修者の荒井氏が”自身が”強調したいと考えたところを太字で強調する「ロッドマン化」と呼ばれる手法を採用した結果、読者の感じる重要ポイントとの認識のズレが発生。

また、 「NOTES」と称した訳者のコメントが文章の前後に入るのですが、これが軽い(無邪気、軽薄、フランク?形容の仕方はいろいろあるが、とにかく軽い。)
「その通り、フィッシャー様の仰る通り」的な必然性・中身のない相槌が半分以上、残り半分も「フィッシャーと関係のある話題やその文章を書かせた状況」等の解説であれば良かったのに”訳・監修者が”その文章を読んで感じた事や考えた事をコラム的に(日常会話、雑談レベル)追加しており、これが真剣に読んでいる読み手に、話しの流れを遮っている印象を与えて評価を下げているのでしょう。

気にはなりますけど、無視して読む事も可能ですし、強調部分も的を射てる場所もあるので「監訳のせいで読めない」ことはないと思います。読み難くなっている程度です。
なんと言うか原著への配慮不足!?必要な場合は米印を付けて欄外に注釈、言いたい事がある場合はあとがきで書く、可能な限り原著そのまま(構成も含めて)届けるという姿勢に欠けた結果です。
気になる方は友達や図書館で借りてみてはどうでしょう。私はちゃんと買いましたよ、中古で。


前置きが長くなりましたが、ここから内容についてです。

詳細なフィッシャー式銘柄抽出法はこちら

■投資(発掘)銘柄■
アルコア、モトローラ、テキサスインスツールメンツ、デュポン、ダウ・ケミカル等

なかなかフィッシャーさんの言うインサイダー(内部者)との会って話を聞く手法は実践が難しく、この本を読めば劇的に成果が現れるというものではないと思うけれど、所々鋭いんです、フィッシャーさん(多分、これが私の根源的な感想です)。

その論拠を以下に抜粋。
■まとめ■
・従来の事業分野と関連のある製品開発のために技術力や研究成果を集中投入している企業から最大の投資成果を得られることが多い。
「ひとつの幹から何本も枝を伸ばした木々が何本も集まっているような企業を選んだ方が良い」。

・軍需関連の研究開発、政府の予算で研究したものの成果を非軍事分野に合法的に転用できるような企業は、経費を掛けずに研究開発ができたようなもので有望。

・投資家にほんとうに大きな利益をもたらすのは利益率の高い企業で、たいていその業界で最高の利益率を誇っている。

投資の成功は、株を買う時点でその企業に関して公表されている情報ではなく、買った後で知られるようになった事柄によって決まる

・良好な労使関係。新しい従業員の訓練にはどうしても経費がかかるため、転職率(離職率)が高い企業は経費が高くつく。

・(詳細な財務統計分析によって見つけた株は)どれほど割安な株であっても、せいぜい5割引のバーゲン品でしかない。


<下げ相場に関して>
・(景気後退、暴落対策)数年がかりで徐々に資金を投じる。
暴落がなくとも最初の頃に正しい株を選んで買っていれば、含み益がクッションの役割を果たしてくれる。

・ほんとうに大切なことは、時が経つほど大きな価値を生み出してくれる株は決して売らない、ということ。


<分散と集中に関して>
・多くの銘柄を所有するのではなく、最高のものを。
ありふれた企業の株は粗末な代用品にしかならない。


<配当に関して>
・1946年からの10年間、ダウ社の株価はほぼ10倍になった。この間配当も当初の投資額と比較すると8%を超えるほどになった(配当の成長)。


<戦争と株式>
・(一般的に)大きな戦争が起こるたびに、自国がどこかの戦闘に参加するたびに、株式市場は暴落する。

・(戦時こそ株を買うべき)株価は貨幣の価値によって表される。戦時は貨幣の供給量が増大し、貨幣価値は戦前よりも下落する。つまり同じ株数買うのに以前よりもたくさんのドルが必要となる(インフレーション)。
→ 戦争は常に通貨の価値を下げる働きをする。

・近代戦争においては、敗戦国の通貨はほとんど価値を失ってしまうことが多く、株式もまた、その価値の大半を失う。

・戦争が終わったあとには、たいていの株は急騰し、戦争前より高い水準で取引されるようになる。


■おわりに■
「成長株を鬼ホールドすべきなんだ。何故なら~」みたいな買い煽りのような本だと判断するのは早計で、フィッシャー氏が企業のライフサイクルを知り尽くした人物であることが本著のあちこちに見られます(エアコン費用や減価償却、会計方式、生産・研究開発における問題、労使問題)
彼の視線は細部まで届いていたことがわかります。


個人的に、バフェットさんを学び直そうかなという機運が高まりました。

「ロッドマン化」・・・私が上でやったような主観に基づく強調行為だ・・・泣いた・・・orz
いや、これは私的なメモだから、そのまんま届けるよりわかり易い方が大事なので・・・(見苦しい)。
関連記事
タグ :  フィッシャー

テーマ : 投資に役立つデータ
ジャンル : 株式・投資・マネー

最近の記事
カテゴリ
節約・ポイント技
自分の投資環境

・2010年版 自分の投資環境まとめ
アフィリエイト関連
投資本要約、読み物系
投資本要約、実践系
ブログ内検索

カスタム検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Translation(自動翻訳)
日経225予想
ブックマーク
最近のコメント
電力使用状況(東電)2
東日本大震災・尖閣 寄付
逆アクセスランキング
長期トレンド探索中
各国政策金利
FXの比較なら選べるFX
相互リンク応援サイト

・「ストップ高」直撃ブログ
・株式用語のブログ
・らうの投資メモ
忘れてはいけないこと
↓竹島は普通に日本の領土です。
・竹島 (島根県) - Wikipedia

青山繁晴先生素敵+゚*。:゚+(n‘∀‘)η+゚:。*+ 
その他の動画はこちら

・ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ

・国民が知らない反日の実態 - 売国議員リスト

・テレビや新聞で詳しく報道されない「毎日新聞英文サイト変態記事事件」、一体何が問題なのか? - GIGAZINE
・毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki - トップページ
・毎日新聞!社内調査の末の検証記事も全てウソだった事が発覚 【2ch】ネタちゃんねる m9( ゚д゚)っ
・毎日新聞問題の情報集積wiki - 何をすればいいの?
自分も一人のブロガーとして草の根的に活動したいと思います。

個別銘柄・セクター

・儲からない書店業界が気になるぜ。
・ブックオフ Vs CCC!?
・コンビニ周りに動きあり?
・気がつけばパチンコ王国
・衣料品最強伝説!
PC・フリーソフト関連
投資技 厳選

・格付けについて
・個別銘柄は安値圏でも過熱している場合があるようです。
信用取引あれこれ厳選

・信用取引について
・故人からのお知らせ、追証かかりました(死。
・信用取引で適切なポジションとは?
敗北の歴史、反省

・BBネットでデッド
・アホナンピンで大失敗
・12月の成績 振り出しに戻る。
・6月15日、人生最悪の日、価格コム10%―10%
・自分自身を知ろう。
当ブログの知恵袋

・会社君大好きさん
理系九州男児。自転車、登山、ミリタリー系ニュースが好物。まれにFPSも!?
アングラ系、軍事系、アメリカ系ニュースと、情報収集の達人。
その圧倒的な情報量で育てていただきました(-人-)ありがたや
当ブログのリンクの大半は彼の功績でしょう。
 
最近ではFXやシストレにも関心が向かっているようで多彩。シキボウ・ダイワボウ・重工系には特別な愛着があるような?
英語の学習も継続されているようで、見習いたい!
 
・Jinさん
(mixiでのハンドルは優陣)
ゴッド、上級トレーダー。犬飼ってることと、PC自作スキルがあるらしい。
その節は私が短慮を起してしまい本当にご免なさい(-人-)
 
勝手に任命しました(o^^o)dグッ
読者の皆さんもわからないことなどあれば、コメント欄で上記の賢者の方々に質問してしまいましょう(マテ
プロフィール

トレンド

Author:トレンド

良心的なサイト管理人を目指します。
 
投資歴数年の株式投資家、収支公開は未定。
・いただいたコメントには相手サイトか当サイトのコメント欄にて返信させていただきます。
・現在相互リンクは募集しておりません(フォローできる能力の限りがあるため抑制しています)。
・削除要請には迅速に対応します。
・古い記事は時々消しますので、いただいたコメントを消してしまう事があります。
 
基本的にリンクフリーです。個々の記事に直接リンクを貼っても構いませんし、無断で部分引用も構いません、が記事の内容に責任は持てません、さすがに全部コピーして私が書きましたとやるのは禁止ww
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。