スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ : 

ゴールドマン・サックス 世界最強の投資銀行

評価☆☆☆☆★(4.5)



ゴールドマン・サックスの創業から1999年の株式公開までの歴史がまとめられた一冊です。

この種の社史(歴史物全般)の面白い所は、各時代のトップから次のトップへと経営のバトンが渡っていく過程に時代の流れや、重みみたいなものが感じられる所ではないでしょうか?

また何故その人物を選んだのか、彼らは何をしたか?が詳細に書かれている辺り、流石に内部の人間が書いただけのことはあります。

外資に対する拝金主義的イメージと違った”社風”が感じられる一冊です。
多少綺麗に書かれ過ぎてる気もしますが、そこはホラ、身内が悪く書くわけないだろって・・・
怖いお兄さん (メ▼▼)=○(/_x)/ 管理人


本編より、
・投資銀行が新聞に載せる告知広告は、墓石のように見えるところから、「墓石広告」(ツームストーン)と呼ばれる(競争相手が消えると打ち消し線を引く)。

1869年、ドイツ移民で創業者のマーカス・ゴールドマンが行商で蓄えた資金を元にニューヨークで借用証書のブローカー業を始めたところから始まる。
マーカスは皮革商人などを訪ねて譲渡性のある約束手形を買い上げ、一定額を割り引いて現金を渡す今日のCP(コマーシャル・ペーバー)にあたる商売を行った。

・サム・サックスと共に、父マーカス・ゴールドマンの跡を継いだ、ヘンリー・ゴールドマンが引受という新たな事業を導入して会社を投資銀行に変身させた。

・急成長を始めた小売業に目を向けた。
ヘンリー・ゴールドマンは、小売業においては、在庫回転率、すなわちどれだけ早く現金を生み出す能力があるかが債務返済能力を決め、利益を生み出すものであり、有形資産ではないと主張。
彼は利潤を生み出す能力で会社を評価する概念、すなわち株価収益率(PER)を発案した。小売業の売り込みに成功。

・ヘンリー・ゴールドマンが去った後、引受業務の新たなパートナーとして、ハーバード大学出身の当時人気の経済評論家、ワディル・キャッチングスが選ばれた。
 
キャッチングス、会社型投資信託「ゴールドマン・サックス・トレーディング・コーポレーション(GSTC)」を設立、一定割合(10%?)をGS保有。

キャッチングスはGSTCが一定割合を保有数する同様の投信次々と設立し、最終的に資本金2000万ドルのゴールドマン・サックスは総計5億ドル価値の会社のコントロールを得た。

1929年10月に株の大暴落が発生すると、GSTCの株価は最高値326ドルが1.75ドルにまで下がった。

会社の資本は1936年には500万ドルに減少していた。30年前の資本が450万であったことから大きな痛手だった。資本が1000万を超えたのは1950年代半ばのことであった。


・この苦境からゴールドマン・サックスを蘇らせたのは、中学を中退し、掃除人の手助けに雇われたシドニー・ワインバーグであった。
彼は自分の関係する会社の製品以外は使わないと固く決めていた。
シドニー・ワインバーグは長い時間を掛けGEやフォード、P&Gなどのトップと親交を深め、数十社の取締役を務め、アメリカのトップ企業を顧客に抱えることになった。

1930年代から40年代はウォール街は閑散。
次代を担うことになる、ジョン・ホワイトヘッド、ガス・レビーがこの時期に入社した。

トレーダーとして雇われたガス・レビーは、時をおかず裁定部門を作り出し、投資銀行部門がぱっとしない間の稼ぎ頭となった。
彼はアシスタントだったボブ・ルービンと共に、鉄道債権の価値を、正しく評価し、ウォール街で裁定業者としての地位を確立した。

スティーブ・フリードマンはM&A分野、敵対的買収の標的になる企業を防衛するビジネスを作り出した
M&Aは、それ自体大きく利の乗るビジネスであったが、経営者たちと直に接することによって新規の案件獲得が進んだ(LBO、高利回り債、自社株買い・・・)

1981年11月、商品取引を扱う小規模同族会社、J・アロン買収。
1970年代後半インフレの進行により、インフレで目減りしない、インフレと共に値が上がる市場に参入するため。

1989年、マーク・ウィンケルマンらの活躍により、債権部門の改革により、ジャンクボンド、モーゲージ担保証券、自己勘定取引など新ビジネスの創出により、会社全体の利益の40%近くを稼ぐようになった

1980年代には、顧客の投資顧問業やデリバティブの参入により、GSとの利害の対立が発生(GE、AIG・・・)。

1986年、当時のイギリスのメディア王、ロバート・マックスウェル騒動、後に彼の違法行為が明らかになり、訴訟に巻き込まれる。

1990年代に入り、報酬の大きさからヘッジファンドに人材流出、自社でヘッジファンドを持つ方向へ。
トレーダーたちが一発勝負やレミングのように同調するようになった結果、リスクは増大し、利益の質は悪化。

かなり省略して、
1994年を通して無限責任を負うパートナー制の下巨額の損失を度々出し、前年比で利益を大きく削った結果、会社を去るものが続出した。

新CEOのコーザインとポールソンの下、会社の建て直しには成功するのものの、不調時とわれる資本構成の問題とライバル各社の巨大化に対し、
非公開企業で株式を持たないGSでは、割安な買収の機会が出てきても、公開株を使って買収する手立てがなく遅れを取るようになった。

結果、1999年5月4日にニューヨーク証券取引所で株式公開。
こうして130年近く続いたパートナー制に別れを告げ、公開企業となった。


各登場人物や海外進出に関する部分、競争相手の盛衰については、省略、1ページが上下二段構成で600ページほどか、読み物としては面白い本なので興味のある方は、読んで見ては?
(一応読んだ時につまらなくなり過ぎないように、過剰抜粋にには気をつけました。
ジョン・L・ワインバーグが社員を説得した場面や、シドニー・ワインバーグに関する逸話など面白い話はいろいろあります)。

GSが時代時代の環境の変化に如何に対応したか、どのように現在の形ができあがったのかなど、個人的に知りたかった、まとめておきたかったことなのでまあこんなものでしょう。
関連記事
タグ : 
最近の記事
カテゴリ
節約・ポイント技
自分の投資環境

・2010年版 自分の投資環境まとめ
アフィリエイト関連
投資本要約、読み物系
投資本要約、実践系
ブログ内検索

カスタム検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Translation(自動翻訳)
日経225予想
ブックマーク
最近のコメント
電力使用状況(東電)2
東日本大震災・尖閣 寄付
逆アクセスランキング
長期トレンド探索中
各国政策金利
FXの比較なら選べるFX
相互リンク応援サイト

・「ストップ高」直撃ブログ
・株式用語のブログ
・らうの投資メモ
忘れてはいけないこと
↓竹島は普通に日本の領土です。
・竹島 (島根県) - Wikipedia

青山繁晴先生素敵+゚*。:゚+(n‘∀‘)η+゚:。*+ 
その他の動画はこちら

・ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ

・国民が知らない反日の実態 - 売国議員リスト

・テレビや新聞で詳しく報道されない「毎日新聞英文サイト変態記事事件」、一体何が問題なのか? - GIGAZINE
・毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki - トップページ
・毎日新聞!社内調査の末の検証記事も全てウソだった事が発覚 【2ch】ネタちゃんねる m9( ゚д゚)っ
・毎日新聞問題の情報集積wiki - 何をすればいいの?
自分も一人のブロガーとして草の根的に活動したいと思います。

個別銘柄・セクター

・儲からない書店業界が気になるぜ。
・ブックオフ Vs CCC!?
・コンビニ周りに動きあり?
・気がつけばパチンコ王国
・衣料品最強伝説!
PC・フリーソフト関連
投資技 厳選

・格付けについて
・個別銘柄は安値圏でも過熱している場合があるようです。
信用取引あれこれ厳選

・信用取引について
・故人からのお知らせ、追証かかりました(死。
・信用取引で適切なポジションとは?
敗北の歴史、反省

・BBネットでデッド
・アホナンピンで大失敗
・12月の成績 振り出しに戻る。
・6月15日、人生最悪の日、価格コム10%―10%
・自分自身を知ろう。
当ブログの知恵袋

・会社君大好きさん
理系九州男児。自転車、登山、ミリタリー系ニュースが好物。まれにFPSも!?
アングラ系、軍事系、アメリカ系ニュースと、情報収集の達人。
その圧倒的な情報量で育てていただきました(-人-)ありがたや
当ブログのリンクの大半は彼の功績でしょう。
 
最近ではFXやシストレにも関心が向かっているようで多彩。シキボウ・ダイワボウ・重工系には特別な愛着があるような?
英語の学習も継続されているようで、見習いたい!
 
・Jinさん
(mixiでのハンドルは優陣)
ゴッド、上級トレーダー。犬飼ってることと、PC自作スキルがあるらしい。
その節は私が短慮を起してしまい本当にご免なさい(-人-)
 
勝手に任命しました(o^^o)dグッ
読者の皆さんもわからないことなどあれば、コメント欄で上記の賢者の方々に質問してしまいましょう(マテ
プロフィール

トレンド

Author:トレンド

良心的なサイト管理人を目指します。
 
投資歴数年の株式投資家、収支公開は未定。
・いただいたコメントには相手サイトか当サイトのコメント欄にて返信させていただきます。
・現在相互リンクは募集しておりません(フォローできる能力の限りがあるため抑制しています)。
・削除要請には迅速に対応します。
・古い記事は時々消しますので、いただいたコメントを消してしまう事があります。
 
基本的にリンクフリーです。個々の記事に直接リンクを貼っても構いませんし、無断で部分引用も構いません、が記事の内容に責任は持てません、さすがに全部コピーして私が書きましたとやるのは禁止ww
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。