スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ : 

チューリップ・バブル



初期の頃のバブルチューリップ・バブルに関する本です。

バブルを乗り切るという市場参加者の永遠のテーマ探求の一環として読みました。

評価:☆☆(2.0)

前半のチューリップの来歴や当時のオランダの描写が長くてダレました。
構成が悪いというか、チューリップの種類を説明されてもね・・・('A`)・・・


<当時のオランダ>
・16~17世紀(バブルのピークは1637年)、アメリカ大陸で発見される銀や、インド航路による貿易の収益でヨーロッパに財が流れ込み、スペインからの独立戦争が一服し、国防へ回していた予算の一部が経済へ流れバブルに成り易い下地があった。
ルネサンスが科学への関心を呼び、印刷技術の普及するなか金持ち達が庭造りに熱中し希少な植物の入手に躍起になった。

ペストの流行や織物工業の中心地の移動など、人々が投機走る下地があった。


チューリップ取引は正規の取引所で行われた訳ではなく、酒場の一室で貧しい素人達によって行われた。
当時には政府発行債権、銀行への預金、取引所での株取引、地元の干拓事業、新大陸相手の貿易船への投資など、金持ち向きの莫大な資本を必要とする投資対象は択山存在した。
しかし職人や弱小商人、小作農が工面できる小金でうまく投資できる方法が皆無だったところに手頃な投機対象としてチューリップが現れた。

(球根単位から重量単位への変更により、球根の重さの増加分(成長分)が利益になり、短期間で4倍程度に値上がするような投資対象は他になかった。)


<破綻原因>
・取引対象がチューリップの球根ということもあり、1年中取引するために地中の球根を取引できるようになり、権利を取引する形に移行した。その際に支払い能力の確認や実際に球根を所有しているかどうかの確認が不十分だった(予防措置の不備)。

つまり「××の球根の所有権」を右から左へと転売して儲ける権利の売買ゲームになって行った。

しかも引き渡した商品が希望の品かどうか花が咲いて見なければ分からなかったため詐欺行為が容易だった。

球根の価値自体も最高級品種以外は、街や集団、流行によって評価が乱高下し、新しい品種が次々と生まれ、不安定で不合理なものだった。安定性と予測の手段がないことには長期間の繁栄は望めず、オランダのチューリップ市場には、その両方が欠けていた。

チューリップ・バブル崩壊後、一連の騒動がヨーロッパ全土へ知れ渡ると興味を持った海外の需要が増加した。この時期、17世紀前半から始まった花の輸出によって現在でも花の国際市場において圧倒的な優位に立っている。


当時高値で取引されていたチューリップは斑(斑点)入りの特殊なものだった。
その美しい斑はモザイク・ウイルスというアブラムシが媒介する病気で退治する方法が見つかり、かつてのチューリップは姿を消した。


<当時の物価>
1636~1637年にオランダの豪商がアムステルダムの銀行に貯蓄した金額の合計は、350万ギルダーにすぎず。当時ヨーロッパ最大の貿易会社であった巨大なオランダ東インド会社の資産評価額が650万ギルダーだった時代。

豚8頭 240ギルダー
牛4頭 480ギルダー
小麦24トン 448ギルダー
ワイン大樽2つ 70ギルダー
バター2トン 192ギルダー
銀のコップ1個 60ギルダー
衣服1着 80ギルダー
船1艘 500ギルダー

大工の年収 250ギルダー
中程度の商人の年収 1500ギルダー
最高傑作「夜警」でレンブラントが得た金額 1600ギルダー

信頼できる記録による最高級品種の球根1個についた金額 5200ギルダー


読めば読むほどバブル現象の中でも異色という印象を受けました。
本の記述も経済現象の考察というより、人々が魅せられた当時のチューリップの魅力と背景に迫るドキュメンタリーのようで自分の中で期待した内容と違ったため低評価になりました。
関連記事
タグ :  チューリップ バブル

テーマ : 勝ち組が読む情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カテゴリ
節約・ポイント技
自分の投資環境

・2010年版 自分の投資環境まとめ
アフィリエイト関連
投資本要約、読み物系
投資本要約、実践系
ブログ内検索

カスタム検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Translation(自動翻訳)
日経225予想
ブックマーク
最近のコメント
電力使用状況(東電)2
東日本大震災・尖閣 寄付
逆アクセスランキング
長期トレンド探索中
各国政策金利
FXの比較なら選べるFX
相互リンク応援サイト

・「ストップ高」直撃ブログ
・株式用語のブログ
・らうの投資メモ
忘れてはいけないこと
↓竹島は普通に日本の領土です。
・竹島 (島根県) - Wikipedia

青山繁晴先生素敵+゚*。:゚+(n‘∀‘)η+゚:。*+ 
その他の動画はこちら

・ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ

・国民が知らない反日の実態 - 売国議員リスト

・テレビや新聞で詳しく報道されない「毎日新聞英文サイト変態記事事件」、一体何が問題なのか? - GIGAZINE
・毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki - トップページ
・毎日新聞!社内調査の末の検証記事も全てウソだった事が発覚 【2ch】ネタちゃんねる m9( ゚д゚)っ
・毎日新聞問題の情報集積wiki - 何をすればいいの?
自分も一人のブロガーとして草の根的に活動したいと思います。

個別銘柄・セクター

・儲からない書店業界が気になるぜ。
・ブックオフ Vs CCC!?
・コンビニ周りに動きあり?
・気がつけばパチンコ王国
・衣料品最強伝説!
PC・フリーソフト関連
投資技 厳選

・格付けについて
・個別銘柄は安値圏でも過熱している場合があるようです。
信用取引あれこれ厳選

・信用取引について
・故人からのお知らせ、追証かかりました(死。
・信用取引で適切なポジションとは?
敗北の歴史、反省

・BBネットでデッド
・アホナンピンで大失敗
・12月の成績 振り出しに戻る。
・6月15日、人生最悪の日、価格コム10%―10%
・自分自身を知ろう。
当ブログの知恵袋

・会社君大好きさん
理系九州男児。自転車、登山、ミリタリー系ニュースが好物。まれにFPSも!?
アングラ系、軍事系、アメリカ系ニュースと、情報収集の達人。
その圧倒的な情報量で育てていただきました(-人-)ありがたや
当ブログのリンクの大半は彼の功績でしょう。
 
最近ではFXやシストレにも関心が向かっているようで多彩。シキボウ・ダイワボウ・重工系には特別な愛着があるような?
英語の学習も継続されているようで、見習いたい!
 
・Jinさん
(mixiでのハンドルは優陣)
ゴッド、上級トレーダー。犬飼ってることと、PC自作スキルがあるらしい。
その節は私が短慮を起してしまい本当にご免なさい(-人-)
 
勝手に任命しました(o^^o)dグッ
読者の皆さんもわからないことなどあれば、コメント欄で上記の賢者の方々に質問してしまいましょう(マテ
プロフィール

トレンド

Author:トレンド

良心的なサイト管理人を目指します。
 
投資歴数年の株式投資家、収支公開は未定。
・いただいたコメントには相手サイトか当サイトのコメント欄にて返信させていただきます。
・現在相互リンクは募集しておりません(フォローできる能力の限りがあるため抑制しています)。
・削除要請には迅速に対応します。
・古い記事は時々消しますので、いただいたコメントを消してしまう事があります。
 
基本的にリンクフリーです。個々の記事に直接リンクを貼っても構いませんし、無断で部分引用も構いません、が記事の内容に責任は持てません、さすがに全部コピーして私が書きましたとやるのは禁止ww
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。