スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ : 

カーネギー自伝 アンドリュー・カーネギー著



評価:☆☆☆★(3.7)読み物としての評価です。

本書は1835~1919年を生き”鉄鋼王”と呼ばれたアンドリュー・カーネギー本人によって書かれた自伝です。
序盤と最後の方の友人・知人について言及しているところは少々退屈ですが、4章「電信局にて」から始まるカーネギーの出世物語は素晴らしく、豊臣秀吉の出世物語のようですらすらと読めます。

大昔の成功者の伝記の一つとして、何か役立つところがあればと軽い気持ちで手に取ったのですが驚かされました。カーネギーは南北戦争の頃に北軍の鉄道運輸と電信通信の現場に従事し、リンカーンやグラント将軍といった歴史上の人物に直に接した人物だったんですね初めて知りました(お恥ずかしい<(_ _)>)。

本書の残念な点はカーネギー自身が途中で書くことを辞めてしまったため中途半端なところで終わっていることです

(まあ第一次大戦の1914年のショックで書けなくなってしまったのでまとめがないのが残念。)

<人物について>
リンカーン:誰にでもなんとなく親切で、思いやりのある言葉をかけ、事務所の給仕にさえも、同じようにふるまった。彼の他人に対する態度には差別がなかった。独特のいいまわし「人民の人民による人民のための政治」などが魅力的な理想的な民主主義者だった。

グラント将軍:参謀に「将軍が酒びたりになっている」と噂が伝わっていると忠告されると「なぜもっと早く言ってくれなかったのだい?もう一滴も飲まんことにする」と言い、以後会食時には杯を伏せてしまったそうな。


<本業について>
・株式市場の目まぐるしさに惑わされいる人は、健全な判断力を失う。投機というのは寄生虫で、それ自体になんの価値も無い(投機的売買の否定、本業重視)。

・大事業というのは厳しい誠実さの上にだけ築きあげられるもので、それ以外何も要求しない。うまく立ち回るとか、すばしこい取引をやるなんて評判が立ったら、大きな商売には命取りになる。
手違いで不当利得を得た場合には、相手の損失にならないようにすぐに訂正する。たんに法に従うというばかりでなく、相手方に公平と正義をもって接するという評判が、その企業の永続繁栄の基となる。

(マーケットの魔術師でもトレーダー感で桁間違いを修正合ったり、プロの現場は持ちつ持たれつの信頼関係で成り立っているという話がありましたね。)

・渡ることのできないところへは入ってはいけない。自分の責任で払うことができないものには署名しない。

・よい卵をみんな一つの籠に入れて、その籠から眼を離さない。成功した人達は一つの道を選んで、それに始終した人達である。

(バフェットと同じ考え方ですね。)

・専門家の活用。当時鉄鋼業界では化学者を雇う習慣がなかったが、彼らを雇うことでより純度の高い原料を安く購入できるようになり、競争力が増した。

・従業員のため日用品店を設立し、石炭を会社の買値で従業員に販売するなど福利厚生に務めた。また賃金を会社の業績に連動させた。

・20世紀初頭に当時5億ドルで事業をモルガンを主催者とする合衆国鉄鋼会社に売却し、以後富の分配、福祉事業に傾倒した(図書館の寄贈、福祉財団の設立、カーネギーホールが有名?)


<解説について>
それと巻末の亀井俊介さんの解説が模範的で素晴らしい。
本編を読んだだけではわからない時代背景や○○王といった成功者、思想的な対比にふれています。
「鉄道王」コーネリアス・ヴァンダービルト
「鉄鋼王」アンドリュー・カーネギー
「金融王」ジョン・ピアポンド・モーガン
「石油王」ジョン・D・ロックフェラー

上記の四人は共に南北戦争の動乱期にうまく立ち回り資本築き、戦後の成長期で巨万の富を得たため「強盗貴族(ロバー・バロン)」とも呼ばれた。彼らが活躍した南北戦争後から19世紀末までをマーク・トウェインの小説を出典として「金めっき時代」というそうです。

上記の王と呼ばれた成功者と当時の時代に関する書籍が今後の読書予定に追加されました(⌒~⌒;A

なかでもモルガン、カーネギーから鉄鋼事業を買い取ったように鉄鋼業の大合同を成功させ現在のUSスチール(当時は合衆国製鋼会社)を設立した。最盛期に比べ勢力を失ったとは言え、大恐慌を生き延び、日本でも暴れまわっているモルガン帝国に関しては特に興味が湧きました

(そして積み本が増え続ける(´ーT)嬉しいけど疲れるね、入手難度の関係ですぐには無理なので気長に待っていただけるとありがたい)。

少年時代より彼(カーネギー)ほど利発ならば相応の女性関係があってもいいと思うものの本文では語られていない点を上品な伝統や秩序の表れ(として省略されている)と説明を加える辺りわかってらっしゃる(笑。


それにしても伝記というのは事実に基づくリアリティーと当時の生活スタイルが詳細に語られ、新しい技術が取り入れられる過程が偲べ、本当に素晴らしいジャンルだなと改めて思いました。まして成功者の波乱万丈な人生ですからつまらない訳はありませんからね。

将来的にネット上に一般人が自伝を書いて投稿する流行などが生まれると面白そうですよね。実際ネット上の個人の情報公開が活発化の一途を辿り、情報化された体験を共有できる時代に入りつつある現在、ネット時代万歳!と改めて感じました(飛躍し過ぎですね(⌒~⌒;A


本書は古い本なので図書館で検索すればきっと見つかると思います、興味のある方はどうぞ(o^^o)
関連記事
タグ :  カーネギー 自伝

テーマ : 株式・投資に関する本
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カテゴリ
節約・ポイント技
自分の投資環境

・2010年版 自分の投資環境まとめ
アフィリエイト関連
投資本要約、読み物系
投資本要約、実践系
ブログ内検索

カスタム検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Translation(自動翻訳)
日経225予想
ブックマーク
最近のコメント
電力使用状況(東電)2
東日本大震災・尖閣 寄付
逆アクセスランキング
長期トレンド探索中
各国政策金利
FXの比較なら選べるFX
相互リンク応援サイト

・「ストップ高」直撃ブログ
・株式用語のブログ
・らうの投資メモ
忘れてはいけないこと
↓竹島は普通に日本の領土です。
・竹島 (島根県) - Wikipedia

青山繁晴先生素敵+゚*。:゚+(n‘∀‘)η+゚:。*+ 
その他の動画はこちら

・ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ

・国民が知らない反日の実態 - 売国議員リスト

・テレビや新聞で詳しく報道されない「毎日新聞英文サイト変態記事事件」、一体何が問題なのか? - GIGAZINE
・毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki - トップページ
・毎日新聞!社内調査の末の検証記事も全てウソだった事が発覚 【2ch】ネタちゃんねる m9( ゚д゚)っ
・毎日新聞問題の情報集積wiki - 何をすればいいの?
自分も一人のブロガーとして草の根的に活動したいと思います。

個別銘柄・セクター

・儲からない書店業界が気になるぜ。
・ブックオフ Vs CCC!?
・コンビニ周りに動きあり?
・気がつけばパチンコ王国
・衣料品最強伝説!
PC・フリーソフト関連
投資技 厳選

・格付けについて
・個別銘柄は安値圏でも過熱している場合があるようです。
信用取引あれこれ厳選

・信用取引について
・故人からのお知らせ、追証かかりました(死。
・信用取引で適切なポジションとは?
敗北の歴史、反省

・BBネットでデッド
・アホナンピンで大失敗
・12月の成績 振り出しに戻る。
・6月15日、人生最悪の日、価格コム10%―10%
・自分自身を知ろう。
当ブログの知恵袋

・会社君大好きさん
理系九州男児。自転車、登山、ミリタリー系ニュースが好物。まれにFPSも!?
アングラ系、軍事系、アメリカ系ニュースと、情報収集の達人。
その圧倒的な情報量で育てていただきました(-人-)ありがたや
当ブログのリンクの大半は彼の功績でしょう。
 
最近ではFXやシストレにも関心が向かっているようで多彩。シキボウ・ダイワボウ・重工系には特別な愛着があるような?
英語の学習も継続されているようで、見習いたい!
 
・Jinさん
(mixiでのハンドルは優陣)
ゴッド、上級トレーダー。犬飼ってることと、PC自作スキルがあるらしい。
その節は私が短慮を起してしまい本当にご免なさい(-人-)
 
勝手に任命しました(o^^o)dグッ
読者の皆さんもわからないことなどあれば、コメント欄で上記の賢者の方々に質問してしまいましょう(マテ
プロフィール

トレンド

Author:トレンド

良心的なサイト管理人を目指します。
 
投資歴数年の株式投資家、収支公開は未定。
・いただいたコメントには相手サイトか当サイトのコメント欄にて返信させていただきます。
・現在相互リンクは募集しておりません(フォローできる能力の限りがあるため抑制しています)。
・削除要請には迅速に対応します。
・古い記事は時々消しますので、いただいたコメントを消してしまう事があります。
 
基本的にリンクフリーです。個々の記事に直接リンクを貼っても構いませんし、無断で部分引用も構いません、が記事の内容に責任は持てません、さすがに全部コピーして私が書きましたとやるのは禁止ww
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。