スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ : 

ザ・クラッシュ―暴落から資産をどう守るか (単行本)



評価:☆☆☆☆

評価について、
読み物として星四つです、フィクションなんですが実在の企業名や現実に起こったことをモデルにしていてよく出来てます。

サブタイトルの”暴落から資産をどう守るか”という言葉に釣られて読みました、参考になるかどうかはメモを読んで各自判断してください。

正直、前半の100ページがダルイです(^^ゞ


メモ

・当時は監査部門と引き受け部門が分離されておらず、証券会社は企業から仕事を貰うために虚偽の買い推奨を続け、投資家に損害を与えた、モデルはエンロンの不正会計事件か?

・リバースインデックスファンド、という空売り専門の投資信託を選ぶことで一般の投資家も暴落から利益を得られる。

ブラックマンデー(1987年)、
このときは2日間(30時間)のうちにアメリカの株式市場の全株式価値の三分の一が失われた、一日の値下がり幅が22.6%を記録。
ウォール街の証券会社が自己勘定のポートフォリオをこの瞬間に時価評価しなければならないすれば、多くはすでに破産していた。
取引を取り次ぐ証券会社の破産は市場の崩壊と言える危機だった。

それでも当局は市場の閉鎖に消極的だった。
NY証券取引所が閉鎖された場合、投資家は他の市場(海外も含む)で持ち株を売ろうとする、これが不可能の場合は社債、国債まで売却しようとする、結果、世界中の市場が閉鎖しかねない危機に陥る。



デリバティブリスク、
LTCM(ロング・ターム・キャピタル・マネジメント)の破綻
(LTCMとはノーベル経済学賞受賞者などが運用していたヘッジファンドのこと)
アメリカ国債を売り、ロシア国債を買う類の裁定取引の結果、ロシアのデフォルト(債務不履行)により、破産、この時アメリカ国債の貸し手である大手銀行にアメリカ国債を返済することができなくなった。

ヘッジファンドは同様の取引を他の何十もの取引先とも行っている。
そちらの方の取引相手にとっては致命的かもしれない。更に債務不履行によって彼らの向こう側の取引先を相手に彼らも債務不履行となることが考えられる。

デリバティブの多くは当事者間の契約のため第三者は知らない場合が多く、実態が把握できないため崩壊した場合の対処が困難。
アメリカの主要行の自己資金に対するデリバティブの比率は100%を超えている場合が少なくない(現在はどうか知りません、2003年出版当時)。



デフレ不況とインフレ不況
デフレ(作中で言うAシナリオ)は短期的に厳しいがコストが下がることによって国の競争力が上がり、すぐ去っていく。しかし、製品の値段が下がることは産業界にとって受け入れ難い。
インフレ(Bシナリオ)は痛みは少なく、資産家や政治家には都合がいいが長い目でみれば競争力の低下に繋がる。

↑日本はデフレシナリオで15年も長期の不況にあった訳で、作中で矛盾しているような気が・・・・・・(^_^;A

まあゾンビ企業を清算したり、規制緩和をしたりやることやってればもっと早く回復できたのかもしれませんけど。



暴落の底に関して、
出版当時ダウ平均は1株辺り利益の20倍で取引されていた、これはまともな水準ではあるが、統計的に市場が弱気のときは6倍から7倍まで下がる。
更に利益が低下する場合も考慮するべき、ナスダック4200社の暴落前の7年間の利益累計が1600億ドル(1ドル110円換算で17.6兆円?)が暴落後15ヶ月で消滅した。11ヶ月でナスダックの時価総額5兆ドルが失われた。
経理の不正操作がこれに一役買った、そもそも利益はこれほど大きくなかった。

解散価値PBRの他に配当利回りに注目する、株価が10分の一になれば配当利回りは10倍になる関係にあるため。

最近大幅増配を発表した丸三証券をヤフーでみたところ配当利回りが7.38%になってましたね、株価1491円の時の話です。



感想
株、債権、商品、デリバティブであれ、国内、国外に関わらず市場に資金を晒している点では代わりなく、何処かの市場で大規模な変化が起これば他の市場に飛び火する。

暴落は引き金となる事件によって発生する、アメリカではエンロンだったが日本ではライブドアの不正会計・粉飾決算後、監査が厳格化され次々と不正が明るみなった。

きっかけとなる変化に注意しましょう。

関連記事
タグ : 

テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

(・∀・)コンニチワ!
暴落からどうやって資産を守るか!?
っていうのはホント大事ですよね☆
全然出来てませんが・・・。
まだまだこれからテロや戦争などのサプライズが起きるかもしれませんもんね。
お互いしっかり守って逝きたいものですね。
それでは良い休日をお過ごし下さい~m(__)mではまたです!

>テロや戦争などのサプライズ

できれば起きて欲しくないバッドサプライズですよね、売りと買いの両建てでなんとか乗り切りたいです(^_^;A

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カテゴリ
節約・ポイント技
自分の投資環境

・2010年版 自分の投資環境まとめ
アフィリエイト関連
投資本要約、読み物系
投資本要約、実践系
ブログ内検索

カスタム検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Translation(自動翻訳)
日経225予想
ブックマーク
最近のコメント
電力使用状況(東電)2
東日本大震災・尖閣 寄付
逆アクセスランキング
長期トレンド探索中
各国政策金利
FXの比較なら選べるFX
相互リンク応援サイト

・「ストップ高」直撃ブログ
・株式用語のブログ
・らうの投資メモ
忘れてはいけないこと
↓竹島は普通に日本の領土です。
・竹島 (島根県) - Wikipedia

青山繁晴先生素敵+゚*。:゚+(n‘∀‘)η+゚:。*+ 
その他の動画はこちら

・ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ

・国民が知らない反日の実態 - 売国議員リスト

・テレビや新聞で詳しく報道されない「毎日新聞英文サイト変態記事事件」、一体何が問題なのか? - GIGAZINE
・毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki - トップページ
・毎日新聞!社内調査の末の検証記事も全てウソだった事が発覚 【2ch】ネタちゃんねる m9( ゚д゚)っ
・毎日新聞問題の情報集積wiki - 何をすればいいの?
自分も一人のブロガーとして草の根的に活動したいと思います。

個別銘柄・セクター

・儲からない書店業界が気になるぜ。
・ブックオフ Vs CCC!?
・コンビニ周りに動きあり?
・気がつけばパチンコ王国
・衣料品最強伝説!
PC・フリーソフト関連
投資技 厳選

・格付けについて
・個別銘柄は安値圏でも過熱している場合があるようです。
信用取引あれこれ厳選

・信用取引について
・故人からのお知らせ、追証かかりました(死。
・信用取引で適切なポジションとは?
敗北の歴史、反省

・BBネットでデッド
・アホナンピンで大失敗
・12月の成績 振り出しに戻る。
・6月15日、人生最悪の日、価格コム10%―10%
・自分自身を知ろう。
当ブログの知恵袋

・会社君大好きさん
理系九州男児。自転車、登山、ミリタリー系ニュースが好物。まれにFPSも!?
アングラ系、軍事系、アメリカ系ニュースと、情報収集の達人。
その圧倒的な情報量で育てていただきました(-人-)ありがたや
当ブログのリンクの大半は彼の功績でしょう。
 
最近ではFXやシストレにも関心が向かっているようで多彩。シキボウ・ダイワボウ・重工系には特別な愛着があるような?
英語の学習も継続されているようで、見習いたい!
 
・Jinさん
(mixiでのハンドルは優陣)
ゴッド、上級トレーダー。犬飼ってることと、PC自作スキルがあるらしい。
その節は私が短慮を起してしまい本当にご免なさい(-人-)
 
勝手に任命しました(o^^o)dグッ
読者の皆さんもわからないことなどあれば、コメント欄で上記の賢者の方々に質問してしまいましょう(マテ
プロフィール

トレンド

Author:トレンド

良心的なサイト管理人を目指します。
 
投資歴数年の株式投資家、収支公開は未定。
・いただいたコメントには相手サイトか当サイトのコメント欄にて返信させていただきます。
・現在相互リンクは募集しておりません(フォローできる能力の限りがあるため抑制しています)。
・削除要請には迅速に対応します。
・古い記事は時々消しますので、いただいたコメントを消してしまう事があります。
 
基本的にリンクフリーです。個々の記事に直接リンクを貼っても構いませんし、無断で部分引用も構いません、が記事の内容に責任は持てません、さすがに全部コピーして私が書きましたとやるのは禁止ww
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。