スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ : 

リスクの心理学―できるトレーダーは、なぜ不確実性に勝てるのか



評価:☆☆☆☆

全般的な感想:
トレーディングで陥りやすい心理的な罠・傾向に関して、事例を挙げて対策が提案されていて読み物として楽しめ、参考にもなった。ただし中盤以降内容が重複していたり、中だるみを感じる箇所もあり、評価は星4つ程度が妥当か?

・ほとんどのトレーダーは、損失を避けるためには積極的にリスクを取る。含み損のある株式を売却せず、塩漬けにするのはその典型である。しかし利益が得られそうな場面では慎重になるため、含み益が出ている株式の買い増すことは避けようとする。つまりトレーダーは、500ドル得られそうなときよりも500ドル失いそうなときに大きなリスクを取る傾向がある。

否認:恐ろしいこと出来事が目の前で起こると、それをなかったものとしてしまうこと。防衛機制の一つ。

心の会計:行動経済学の概念の一つ。既に所有しているものの価値を、まだ所有していないものの価値よりも高く評価する傾向のこと。含み損が発生しているポジションを長く抱えてしまったり、逆にまだ所有していない銘柄の価値を過小評価し、上昇基調に乗り損なう原因になる。


「他の銘柄で利益が出たから、この銘柄では損してもよい」といった損失の正当化
「金額の小さな取引は大きな取引よりも重要ではないと考える傾向」
「泡銭といった出所や目的による差別」


・短期的アプローチと長期的アプローチは哲学的違いが存在する。材料を重視する短期的アプローチは成果を「生み出す」可能性を重視し、長期的なアプローチは市場の動きに沿った成果を「受け入れる」可能性を重視している。

・「短期のアプローチが優れているのは、長期のポートフォリオ運営よりもリスクを小さくできることだ。長期投資には自分で制御できない変化や出来事がつきものだからだ。短期投資なら、各種の発表や報道を材料にする多少非効率な市場でのトレーディングが可能となるため、一日単位で物事を考えればよい。一日単位の短期トレーディングなら生産性のロスはないし、変数への対応もずっと簡単になる。」

決定マヒ:行動経済学の専門家たちよれば、人間は選択肢が増えると、かえって何もしなくなる傾向がある。魅力的な選択肢が多いほど、そこから一つを取り出す際の葛藤が強くなるため、決断そのものを放棄してしまう傾向がある。

・ピーター・バーンスタイン「リスク―――神々の反逆」
ゲーム理論によれば、われわれが行うほとんどの意思決定は、我々自身が要求するものと、他者が要求するものとを交換することにより、不確実性を軽減しようとする一連の交渉の結果である・・・・・・最も高い利益をもたらすだろうとわれわれが判断する代替案を選択することは、往々にして最もリスクの高い決定となることが多い。この理由は、我々の思い通りになった場合には、形勢不利なプレーヤー側に最強の防御を誘発すると考えられるからである。したがって、通常はそれ以外の案で妥協することになる。その場合には、悪い取引条件の下で最善を尽くすことになる。

第一のプロセスは、周囲が何を考えているかに注目するというもので、大半の人(群集)はこちらを取る。第二のプロセスは、自分以外の人はどう考えているだろうと考えている人の頭の中をのぞくというもので、達人トレーダーが試みるのはこちらのプロセスだ。

長期投資を志向する投資家は、ファンダメンタル分析を頼りにするが、群集心理の変化などには関心を持たない。しかし短期勝負のトレーディングでは、群集心理の変化やそのスピード、特定の証券に対する見方の変化などが大きな意味を持つことが少なくない。

合理化:心理学用語、自分にとって不都合なことを隠そうとしたり、細部に過度にこだわって全体を見えにくくしたりする行為のこと。

・達人トレーダーは特定のストーリーに市場参加者が何名乗っているかという観点からリスクの大きさを計算することができる。トレーディングを通じて株価がどのように動いているかを把握し、そのセクターに資金が流入しているか、資金の流れに変化があるか、その変化がどんな影響を及ぼすかなどを判断することができる。さらにその株価がなぜ動いているかなどを勘案しながら考えをまとめることができる。

・トップレベルのトレーダーは、ごく一部の売買(件数の比率で言えば3~5%)からほとんどの利益を稼ぎ出す。

・市場が個々の企業の業績ではなく、市場独自の勢いや方向性、雰囲気に左右される、ファンダメンタル分析が機能しない相場ではポジションを小さくして、機動的に動かなければならない。
視界の悪い嵐の日に運転しているようなものだから、的を絞って慎重な運用を心掛けなけばいけない。


価格消耗:株価が下落しているときは供給(売り注文)が豊富にあるが供給が出尽くしてしまう(価格消耗の状態)、今度は需要(買い注文)が多くなり、株価は反転する。出来高の少ない株や相当数の買いを行う場合には、事前に売り方の消耗を考えながら下落局面で買う方法もある。

・重要なことは、
少しづつポジションを大きくすること、
大きなリスクを頭のいいやり方で取ること、
リスクとリターンの比率を考慮しながらポジションの規模を決めること、
ポジションを大きくするタイミングを知ることの四点。

ファンダメンタルを知ることでポジションを維持する自身につながる。

・同じ情報を得て売買するのであれば、トレーダーの優劣は自分の感情を上手く扱えるか否かによって決まる。
関連記事
タグ : 

テーマ : 勝ち組が読む情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

心理状態から強化!コレ大事!ヽ( ・∀・)ノ
こんな相場だからこそ、出来ることからガンバらニャね( ・ิω・ิ)うむ
今は休んでメンタル強化!これ最強(,ΦДΦ)かも・・・ね?

ムックさん、コメントthanks!

(/∇\)自分も休みたいよ~~~、
でも、ここまで来たらNYが落ち着くまで粘ってみるよ。
星になる日も近いぜ。・゚・(ノД`)・゚・。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カテゴリ
節約・ポイント技
自分の投資環境

・2010年版 自分の投資環境まとめ
アフィリエイト関連
投資本要約、読み物系
投資本要約、実践系
ブログ内検索

カスタム検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

日経225予想
ブックマーク
最近のコメント
電力使用状況(東電)2
東日本大震災・尖閣 寄付
逆アクセスランキング
長期トレンド探索中
各国政策金利
FXの比較なら選べるFX
相互リンク応援サイト

・「ストップ高」直撃ブログ
・株式用語のブログ
・らうの投資メモ
忘れてはいけないこと
↓竹島は普通に日本の領土です。
・竹島 (島根県) - Wikipedia

青山繁晴先生素敵+゚*。:゚+(n‘∀‘)η+゚:。*+ 
その他の動画はこちら

・ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ

・国民が知らない反日の実態 - 売国議員リスト

・テレビや新聞で詳しく報道されない「毎日新聞英文サイト変態記事事件」、一体何が問題なのか? - GIGAZINE
・毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki - トップページ
・毎日新聞!社内調査の末の検証記事も全てウソだった事が発覚 【2ch】ネタちゃんねる m9( ゚д゚)っ
・毎日新聞問題の情報集積wiki - 何をすればいいの?
自分も一人のブロガーとして草の根的に活動したいと思います。

個別銘柄・セクター

・儲からない書店業界が気になるぜ。
・ブックオフ Vs CCC!?
・コンビニ周りに動きあり?
・気がつけばパチンコ王国
・衣料品最強伝説!
PC・フリーソフト関連
投資技 厳選

・格付けについて
・個別銘柄は安値圏でも過熱している場合があるようです。
信用取引あれこれ厳選

・信用取引について
・故人からのお知らせ、追証かかりました(死。
・信用取引で適切なポジションとは?
敗北の歴史、反省

・BBネットでデッド
・アホナンピンで大失敗
・12月の成績 振り出しに戻る。
・6月15日、人生最悪の日、価格コム10%―10%
・自分自身を知ろう。
当ブログの知恵袋

・会社君大好きさん
理系九州男児。自転車、登山、ミリタリー系ニュースが好物。まれにFPSも!?
アングラ系、軍事系、アメリカ系ニュースと、情報収集の達人。
その圧倒的な情報量で育てていただきました(-人-)ありがたや
当ブログのリンクの大半は彼の功績でしょう。
 
最近ではFXやシストレにも関心が向かっているようで多彩。シキボウ・ダイワボウ・重工系には特別な愛着があるような?
英語の学習も継続されているようで、見習いたい!
 
・Jinさん
(mixiでのハンドルは優陣)
ゴッド、上級トレーダー。犬飼ってることと、PC自作スキルがあるらしい。
その節は私が短慮を起してしまい本当にご免なさい(-人-)
 
勝手に任命しました(o^^o)dグッ
読者の皆さんもわからないことなどあれば、コメント欄で上記の賢者の方々に質問してしまいましょう(マテ
プロフィール

トレンド

Author:トレンド

良心的なサイト管理人を目指します。
 
投資歴数年の株式投資家、収支公開は未定。
・いただいたコメントには相手サイトか当サイトのコメント欄にて返信させていただきます。
・現在相互リンクは募集しておりません(フォローできる能力の限りがあるため抑制しています)。
・削除要請には迅速に対応します。
・古い記事は時々消しますので、いただいたコメントを消してしまう事があります。
 
基本的にリンクフリーです。個々の記事に直接リンクを貼っても構いませんし、無断で部分引用も構いません、が記事の内容に責任は持てません、さすがに全部コピーして私が書きましたとやるのは禁止ww
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。